散歩がてらの夕練(たまに朝練)

昨秋からちょこちょこ通っているとある場所。

バスの個体は少ないが来ればデカい。

昨秋には息子が50.5cm、今年に入ってKNBのACE(エセ)ことAGCも50アップをキャッチした夢のあるフィールド。

 

狙える場所も少ないので短時間勝負、仕事の空き時間を見つつ、運動不足解消を兼ねて一日1時間程度の夕練をたまにやってきた。

 

 

続きを読む >>

Revo MGX 2000SH /2500SH 〜不具合とその愛。そして…〜

2016年7月末、ノースフォークコンポジットSSR64ULを購入の際に、同時に購入したスピニングリールRevo MGX2000SH。

 

バス用タックル「全リールをアブ化」を目指す私にとっての、初のAbuスピニングリールである。

ベイトリールをアブ化することになんの躊躇いもなかったが、スピニングについてはやはり不安があった。

使用しているプロからでも「昔のスピニングは…ねぇ…」なんて声を聞いたりして、やはり国産には勝てないのかという思いもあったが、MGXの発表と同時にその迷いも消えた。

 

 

そのわずか2ヶ月後にMGX2500SHも追加。

 

フラッグシップモデル。所有欲を高めてくれる洗練されたプロダクトデザイン。ああ美しい…

巻き感は…ま、まあレアニウムのような滑らかさはないけども、巻く釣りで使うわけでもないし、これでいい。いや、これでいいの!これがいいの!

 

しかし、そんなRevo愛、ひたむなMGXへの愛は、数々の障壁との戦いであった。

 

 

幸せな生活(釣行)の中に、突如迫り来るトラブル(不具合)

信じたいのに芽生えはじめる疑心暗鬼

そこに突如現れた昔の彼(シマノ)

重なるように訪れる二度目のトラブル(不具合)

絶望の中での昔の彼(シマノ)からの求婚

そこに現れる第三の男(ダイワ)

そして…

 

これは、Revo愛を突き通そうとする一人の男が、MGXの不具合と真摯に向き合ったラブストーリーである。

 

(求婚が男からで、主人公が一人の男って…)

 

 

続きを読む >>

階段を一歩一歩踏みしめるように〜KNBトーナメント第1戦〜

2年ぶりの開催となるKNBトーナメント。

 

会場は萩尾大溜池。他の競技者のKNB-Tのルールではやや広大すぎる規模。

一人にならず、置いてけぼりにならず、迷子にならないように常に視野を広くとって釣りをしなければならない。

 

数度のプラを経て、増水傾向の中で日々移動しているバスの居場所は把握できている。

問題はデッカイサイズを狙う確固たる自信がないということ。

 

長らくKNBトーナメントに参加しているが、いまだに優勝がない身としては、ここらで一つどかーんとその実力を見せてやろうではないか。

 

 

続きを読む >>

多忙の中のプラ(という名の魚釣り)

「わざとちゃうんか?」と毎年思うほどに講師関係の仕事がある時に決まって遅れてバッティングしてくる案件。

毎年のような怒濤の年度末進行。

そして毎年恒例の学習しない確定申告作業で3月上旬まではひーひーいいながら暮らす毎日。

 

確定申告が終わると春を実感するのが自営業。

 

仕事溜まってるのに緊張感が弛むのも悪い癖。

 

そんな3月中旬〜末にかけての釣行をダイジェストで。

4月2日に控えたKNBトーナメントに向けたプラクティスのため、萩尾大溜池での釣行がメインである。

続きを読む >>

3.11/3.12/3.13

2011年3月11日に起こった未曾有の大地震東日本大震災。

全国の沿岸に発せられた津波警報、注意報の影響もあり、震源から遠く離れたここ熊本にも注意報は発せられ、その翌々日に開催予定だったKNBトーナメントは中止せざるを得なかった。

 

数年が経ち、あの衝撃的な映像がまだ脳裏に残っているとはいえ、どこか傍観者となりつつあったその日付から2日後の3月13日、別の意味で私たちは当事者になった。

 

忘れられない、そして一生心のどこかで引きずり続けるであろう悲劇を目の当たりにして、それでも強引に前を向こうと考えた矢先に今度は熊本地震が発生。

 

家も道路もそして釣りに対する意欲までガタガタに崩れさったようにも感じた。

 

 

あれから1年。

もう1年。

でもまだ1年という感覚もある。

 

とにかく、長い1年だったと思える。

 

 

続きを読む >>